月のしずく

40代おひとりさま朔の雑記ぶろぐ 

同年代の女性に伝えたいこと

スポンサードリンク

f:id:saku-luce:20180825170513j:plain
こんばんは。朔です。 

 

『ちびまるこちゃん』でおなじみの漫画家さくらももこさんの

突然の訃報。

 毎日のようにテレビやネットで取り上げられていますね。

 

病名は【乳がん】 

 

極秘で闘病されていたのだそうです。

しかも10年以上も前から。

 

40歳以上のみなさん、他人事ではありません。

わたしも乳がん検診を受けています。 

詳しくはこちら↓

 

www.saku-luce.blue

 

 

細胞診の結果は【乳頭腫】というものだということ、

良性腫瘍ですが大きくなるスピードが速いように思うので

経過観察で4ヶ月後にまた来てください。

 

今は触ってもわからないけれど

1ヶ月に一度は必ず触ってみてしこりに触れるようであれば

4ヶ月後の予約を待たずに早めに受診にしてください。

とも言われました。 

 

乳頭腫とは

分泌物を運ぶ乳管内に発生する良性腫瘍(乳管内乳頭腫)

また、管状の乳管が袋状に拡張したもの(嚢胞内乳頭腫)

  

簡単に言うと乳房に網目状に張り巡らされている

母乳を出す通り道にコブができたり

大きく膨らんだりすることなのでしょう。

恥ずかしい話ですが、今回の結果に至るまで

乳がんはどこか他人事でした。

町の集団検診で2次検査の通知がきたときは

まさか、わたしが!?と思ったほどです。

 

いくら良性といえ腫瘍という言葉は重くて不安を感じます。

 

分泌液がでたりする自覚症状がでる方もいるらしいですが

わたしの場合は自覚症状はまったくないので、

今回の検査で見つかったのは不幸中の幸いと思い

わからなくて不安に思う部分を調べたりしている現状です。

 

わたしは叔母を2人、がんで亡くしています。

2人ともそれぞれ調子が悪くなってから検査を受けました。

 

かかりつけの医者で受診 

   ↓ 

専門医で検査 

   ↓ 

がんが判明 

 

症状が出てからでは遅いのです。

 

検査に不安もあると思います。

結果が出るまでは不安で仕方なくなります。

 

ですが、がん検診をきちんと受けて早期発見であれば

治療で治る可能性が増えるんです。

 

がん治療の一番重要なことは、早期発見といいます。

 

未来の自分のために

大切な人のためにもがん検診を受けましょう!

 

未来の自分のために今できることをしよう。

 

日本乳がん学会のホームページに 

『患者さんのための乳がん診療ガイドライン』という

ページがあります。

初めて検査を受ける方向けに診療方法などが記載されています。

詳しくはそちらをご覧になっていただけましたら幸いです。