月のしずく

40代おひとりさま朔の雑記ぶろぐ 

自分にとって大切なこと

スポンサードリンク

f:id:saku-luce:20180828114352p:plain

おはようございます。朔です。

今年も24時間テレビが終わりました。

昨日は密着ドキュメントも放送されていましたね。

みやぞんってやっぱりスゴい!

【自分で自分の機嫌をとる、人にとってもらおうとしない。】


すごく印象的な言葉。

今SNSなどでも話題になっています。

つらくてもキツくても

常にプラス思考。

いつも笑顔。

だんだんと みやぞんの笑顔が布袋さまに見えてきた。

プラス思考でって普通は頭でわかっていても
なかなかできないもの。

ひざの痛みや暑さもあって
苦痛な表情を浮かべていても
沿道からの声援には笑顔で手を振る。

つらければグチも言いたくなるし
投げ出したくもなる。


それでも笑顔で大丈夫。
楽しいって言えるってスゴいと
思いませんか?

わたしはネガティブなので
とてもうらやましく思います。

自分にとって大切なことを
よくわかっているんだなぁって気がします。


今回の放送の中でも初めて聞く病名もありました。

障害があっても前向きに頑張っている姿を見るたびに
涙が出てしまいます。

特に小さい子どもが病気で亡くなってしまうのは
とても悲しくてつらいこと。

チビがいるので余計に感情移入してしまうんですが、
医療には限界があってまだ治せない病気もある。

今までできていたことが
ある日突然できなくなったとしたら
どうしますか?

同じ立場になってみないとわからないことが
まだまだたくさんあることを改めて気付かされます。

健康でいられること

今こうしていられることのありがたさ

あたりまえすぎて普段はあまり考えないこと。

自分の身体のことは自分にしかわからない。

40歳を超えてからは、
より身体のことを考えるようになり
健康診断やがん検診を積極的に受けるようにしてます。

今回に24時間テレビも
自分にとって大切なことを考え直すいい機会になりました。

ただ、みやぞんの身体にとっては
良くないことだったと思わずにはいられない。